FC2ブログ
METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
アースシェイカーのデビュー35周年を記念してリリースする約3年ぶりのニュー・アルバムがリリースされる!!
アースシェイカーのデビュー35周年を記念してリリースする約3年ぶりのニュー・アルバムがリリースされる!!


earthshaker4.jpg



1983年にネクサス・レーベルよりメジャー・デビューを果たした国産メロディアス・ハード・ロックの最高峰バンド、

アースシェイカーのデビュー35周年を記念してリリースする約3年ぶりのニュー・アルバム。



本作では昨年行われ各地で好評を博したツアー『5 Shakers The Final 武道館再現LIVE!』にも参加した
永川“TOSHI”敏郎(Key)がレコーディングに全面参加。“5人編成のアースシェイカー”として制作!!
“アースシェイカーの代名詞”とも言うべき、キャッチーでエモーショナルなメロディアス・ハード・ロックを
見事に書き上げた“デビュー35周年記念作品”に相応しい渾身作!!



●初回生産分のみ“アースシェイカー デビュー35周年キャンペーン”応募券封入


キングレコード
KICS-3751
2018.11.07
『THE STORY GOES ON』

【amazon;早期購入特典あり THE STORY GOES ON / GARAGE 同時購入メーカー多売:チケットホルダー(2019年カレンダー入りデザイン)付)】

【通常盤】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 EARTH SHAKER アースシェイカー / THE STORY GOES ON 【CD】
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/9/13時点)




※詳細が分かり次第更新します!


そして、


35th Anniversary Tour【THE STORY GOES ON】



第一弾スケジュール発表!
↑クリックで確認できます!


【THE STORY GOES ON】に、急遽、永川”TOSHI”敏郎(Key)が参加することが決定しました!

35th Anniversary Tour は昨年好評だった5人編成でのEARTHSHAKERとなります。

チケット購入をご検討中の方、5人のEARTHSHAKERをお見逃しなく!!!!!


前作でワールワイド・デビューを果たした、神戸のメロディック・デス ARES、更なる進化を遂げた3rdアルバム!
前作でワールワイド・デビューを果たした、神戸のメロディック・デス ARES、更なる進化を遂げた3rdアルバム!

ares2.jpg


前作「Divine creation」が、ギリシャのレーベルSleaszy Rider Recordsからリリースされ、
ワールドワイド・デビューを果たした神戸のメロディック・デス・メタル・バンドARESの3rdフルアルバム!
これまでもKALMAHやDARK LUNARCY、EQUILIBRIUM、INSOMNIUM、THE DUSKFALLなど海外バンドとの共演やO.A.を務め、韓国や台湾でもライヴを実施。
ブラストビートをフィーチュアした激走曲が全編に渡り繰り広げられる、北欧スタイルのメロデス・サウンドがさらなる進化を遂げた今作で、
国内シーンにもその名を刻む!


ARES are ...

Vo,B:Yasushi Higashimura

G:Takeshi Higashimura

Ds:Keiji Yanai



RETS-6
2018.11.07
『Mother Earth to Father Sky / マザー・アース・トゥ・ファザー・スカイ』

ares-mother_earth_to_father_sky.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mother Earth to Father Sky [ ARES ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)



01. Rainbow Dust Falls
02. Eternal Beauty
03. Nebula
04. Nexus
05. Cyber Earth
06. Farewell to the Past
07. Eve
08. The Realm
09. Aisle
10. α & Ω
さかもとえいぞうソロアルバム通算7枚目をリリース!
さかもとえいぞうソロアルバム通算7枚目をリリース!

eizo_sakamoto4.jpg


さかもとえいぞうソロアルバム通算7枚目。
タイトル・ナンバーでもある大人たちへの絶唱応援歌『赤い山脈』、大人の愛をメランコリックに歌い上げる『Crazy Wold』。
キテレツなさかもとえいぞうワールドに哀愁と熱が更に炸裂。大人たちへ捧げるアルバム。


GLCS-8
2018.11.16
『さかもとえいぞうVII 赤い山脈』

eizo_sakamoto-eizo_sakamoto_vii_akai_sanmyaku.jpg
1. ギラデザ
2. Crazy Fire Dance
3. 赤い山脈
4. 刀槍 tou sou
5. Crazy World
孤高のヴォーカリスト“グラハム・ボネット”が圧巻のシャウトで吠える!!
孤高のヴォーカリスト“グラハム・ボネット”が圧巻のシャウトで吠える!!

graham-bonnet-band.jpg


HR/HM界に圧倒的な存在感を放ち君臨し続ける驚異のハイトーン・ハスキー・ヴォイスの持主“グラハム・ボネット”が
自らのリーダー・バンドGBBのニュー・アルバムを完成!!
新たなメンバーを招聘した新生GBBの処女作にして最高傑作の誕生だ!!
超絶シュレッダー“カート・ジェイムズ”“ジョーイ・タフォーラ”が神技光速ギター・プレイで攻め捲る!!


HR/HM界に偉大なる歴史を刻み付けたバンド群…レイボー、マイケル・シェンカー・グループ、アルカトラス、インペリテリなどにおける強烈なハイトーン・ハスキー・ヴォイスでのその実力を遺憾なく発揮し、ソロ・アーティストとしても大成功を収めた英国出身、孤高のヴォーカリスト、グラハム・ボネットの自らのリーダー・バンド、グラハム・ボネット・バンドのスタジオ・アルバム!グラハム・ボネット・バンドの特徴であるメロディに重きを置いたクラシック・スタイルの様式美HR/HMは本作でも健在。新ギタリストのジョーイ・タフォーラ、アルカトラス時代からグラハムの盟友であるキーボディストのジミー・ウォルドーの参加にも注目。【デラックス盤】はSHM-CD仕様、DVD付き!


Vo:GRAHAM BONNET / グラハム・ボネット(ex.RAINBOW ,MSG,ALCATRAZZ,IMPELLITTERI)
G:KURT JAMES / カート・ジェイムズ(ex.STEELER,DR.MASTERMIND *CD-M3)
B:BETH-AMI HEAVENSTONE / ベス・エイミー・ヘヴンストーン
Kb:JIMMY WALDO / ジミー・ウォルドー(ex.NEW ENGLAND,ALCATRAZZ,VINNIE VINCENT INVASION,BLACKTHORNE)
Ds:MARK BENQUECHEA / マーク・ベンケチェア

-Additional Musician-
G:JOEY TAFOLLA ジョーイ・タフォーラ(*except CD-M3)


キングレコード
KIZC-468【SHM-CD+DVDデラックス盤】
2018.07.04
『ミーンホワイル、バック・イン・ザ・ガレージ』
graham_bonnet_band-meanwhile_back_in_the_garage_deluxe_edition.jpg



[Disc CD]

01.MEANWHILE,BACK IN THE GARAGE / ミーンホワイル、バック・イン・ザ・ガレージ
02.THE HOTEL / ザ・ホテル
03.LIVIN' IN SUSPICION / リヴィン・イン・サスピション
04.INCEST OUTCEST U.S.A. / インセスト・アウトセスト U.S.A.
05.LONG ISLAND TEA / ロング・アイランド・ティー
06.THE HOUSE / ザ・ハウス
07.SEA OF TREES / シー・オブ・ツリーズ
08.MAN ON THE CORNER / マン・オン・ザ・コーナー
09.WE DON’T NEED ANOTHER HERO / ウィ・ドント・ニード・アナザー・ヒーロー
10.AMERICA...WHERE HAVE YOU GONE? / アメリカ...ホウェア・ハヴ・ユー・ゴーン?
11.HEADING TOWARD THE LIGHT / ヘディング・トゥウォード・ザ・ライト
12.PAST LIVES / パスト・リヴズ
13.THE CRYING CHAIR ザ・クライング・チェア
14.STARCARR LANE (LIVE FROM DARYL'S HOUSE NY 2018) / スターカー・レーン(ライヴ・フロム・ダリルズ・ハウス NY 2018)
15.LIVIN' IN SUSPICION (ALTERNATE VERSION) / リヴィン・イン・サスピション(オルタネイト・ヴァージョン) *
*日本盤ボーナス・トラック
[Disc DVD]
LIVE AT DARYL'S HOUSE / ライヴ・アット・ダリルズ・ハウス
01.NIGHT OF THE SHOOTING STAR (INTRO) / ナイト・オブ・ザ・シューティング・スター(イントロ)
02.TOO YOUNG TO DIE,TOO DRUNK TO LIVE / トゥー・ヤング・トゥ・ダイ、トゥー・ドランク・トゥ・リヴ
03.ALL NIGHT LONG / オール・ナイト・ロング
04.NIGHT GAMES / 孤独のナイト・ゲームス
05.CALIFORNIA AIR / カリフォルニオ・エア
06.GOD BLESSED VIDEO / ゴッド・ブレスド・ビデオ
07.STAND IN LINE / スタンド・イン・ライン
08.ISLAND IN THE SUN / アイランド・イン・ザ・サン
09.DESERT SONG / デザート・ソング
10.STARCARR LANE / スターカー・レーン
11.JET TO JET / ジェット・トゥ・ジェット
12.S.O.S. / S.O.S.
13.INTO THE NIGHT / イントゥ・ザ・ナイト
14.SAMURAI / サムライ
15.SKYFIRE / スカイファイア
16.SINCE YOU BEEN GONE / シンス・ユー・ビーン・ゴーン
17.ASSAULT ATTACK / アソート・アタック
18.EYES OF THE WORLD / アイズ・オブ・ザ・ワールド
19.HIROSHIMA MON AMOUR / ヒロシマ・モナムール
20.LOST IN HOLLYWOOD / ロスト・イン・ハリウッド


KICP-1916【通常盤CD】
2018.07.04
『ミーンホワイル、バック・イン・ザ・ガレージ』

graham_bonnet_band-meanwhile_back_in_the_garage.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Graham Bonnet / Meanwhile. Back In The Garage 【CD】
価格:2808円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)



01.MEANWHILE,BACK IN THE GARAGE / ミーンホワイル、バック・イン・ザ・ガレージ
02.THE HOTEL / ザ・ホテル
03.LIVIN' IN SUSPICION / リヴィン・イン・サスピション
04.INCEST OUTCEST U.S.A. / インセスト・アウトセスト U.S.A.
05.LONG ISLAND TEA / ロング・アイランド・ティー
06.THE HOUSE / ザ・ハウス
07.SEA OF TREES / シー・オブ・ツリーズ
08.MAN ON THE CORNER / マン・オン・ザ・コーナー
09.WE DON’T NEED ANOTHER HERO / ウィ・ドント・ニード・アナザー・ヒーロー
10.AMERICA...WHERE HAVE YOU GONE? / アメリカ...ホウェア・ハヴ・ユー・ゴーン?
11.HEADING TOWARD THE LIGHT / ヘディング・トゥウォード・ザ・ライト
12.PAST LIVES / パスト・リヴズ
13.THE CRYING CHAIR ザ・クライング・チェア
14.STARCARR LANE (LIVE FROM DARYL'S HOUSE NY 2018) / スターカー・レーン(ライヴ・フロム・ダリルズ・ハウス NY 2018)
15.LIVIN' IN SUSPICION (ALTERNATE VERSION) / リヴィン・イン・サスピション(オルタネイト・ヴァージョン) *
*
日本盤ボーナス・トラック
“川越の残虐王” 兀突骨が5thフルアルバムをリリース!!
“川越の残虐王” 兀突骨が5thフルアルバムをリリース!!


gotsu_totsu_kotsu4.jpg


前作から約2年ぶり、2014年からの布陣である現メンバーでの3作目となる今作は、
“敗者の美学”をテーマに、秋田浩樹のドラムをフィーチャーした作品。
デスメタルをベースとしながら、プログレッシヴなテンポ展開やオールドロックのテイストも織り込み、
益々オリジナリティを磨き込んだサウンドで、世界のヘヴィメタルファンを席巻する魅力を秘めたスペクタルアルバム!

今作の柱となる秋田のドラムは、速さに重きを置かず、深みのある音色で、70's 80'sハードロックを彷彿させるようなプレイも随所に取り入れ、
熟達を見せている。
音を隙間なく詰め込んだ圧巻のドラムソロにも注目して欲しい。
バンド史上最高に難易度が増した楽曲群に挑む為、高畑のベースも新たな音作りを試み、拘りの音を作り上げた。
兀突骨サウンドの要である異才な超絶スラップは、ドラムとの絶妙なシンクロを極めている。
円城寺のギターはモダンなスタイルを軸に、多彩なアイデアとテクニックで楽しませるプレイが満載。
怒涛の速弾きもさることながら、昨年のネパール?インドツアーでインスパイアされ取り入れた、オリエンタルで優美なフレーズのパートも印象的だ。
歌詞は高畑の愛読書である伊東潤作品などの歴史小説からイメージを膨らませ、武士のロマンを時代調の硬派な日本語で綴り、
地獄のようなグロウルで表現している。


BTH-64
2018.10.24
『The Final Stand / 背水之陣 -The Final Stand』

gotsu_totsu_kotsu-the_final_stand.jpg

1. 魔ノ都 / Urbs Diaboli
2. 無二ノ決戦 / A Showdown Like No Other
3. 撫デ斬リ / Sword Sweep
4. 屍ヲ晒セ / Die In Glory
5. 無慈悲ナ仏神 / Merciless Deities
6. 反撃ノ時 / Time To Strike Back
7. 背水之陣 / The Final Stand
8. 文物ト戦 / Civilizations And Wars
9. 降伏勧告 / Summons To Surrender
10. 時代ノ碑 / Epigraphy Of An Er