FC2ブログ
METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
天燐 創造と破壊…結成10周年を迎えるJ-METALの雄が放つ3rdアルバム!!
天燐 創造と破壊…結成10周年を迎えるJ-METALの雄が放つ3rdアルバム!!

tenrin3.jpg


創造と破壊…結成10周年を迎えるJ-METALの雄が放つ3rdアルバム!!

重厚なリズムに哀愁の旋律が乱舞する、"メロディック・メタルの理想郷"がここにある!!



2008年、日本語でストレートな想いを伝えるメロディック・パワー・メタル・バンドを目指し、YOSSY(Vo)と鉄兵(Ds)により結成。
YOSSYの強い希望でDRAGON(B)が加入。鉄兵と別バンドで一緒に活動していた掟珠(テイジュ/G)が加入。
2009年に地元:静岡にて初ライヴを行ない、4曲入1stマキシ・シングル「刻むべき絆」(現在は廃盤)をリリース。
2010年、掟珠が脱退。YOSSYの旧友であり、アメリカで音楽について学んだ梛歌慈(G)が新メンバーとして加入。

2011年、Metal bless JAPANの東日本大震災復興オムニバス・アルバム「RISING SUN」に、
Hyper Trap Recordsのオムニバス・アルバム「TRAP BEAT!! Vol.1」に参加。また同年、心(G)が加入。
現在に至るツイン・ギターの編成となり、これまで作った楽曲に新たな楽曲を加えた1stアルバム「命の花」をリリース。
2012年にはリリース・ツアーを行ないつつ、更なる楽曲の幅を広げた新作アルバムの作成に着手。
2013年、2ndアルバム「刻の螺旋」(ときのらせん)をリリース。

2014年、DRAGONが一身上の都合により脱退、樹(B)が加入するも、今度は心が一身上の都合により脱退。
とよ(G)が加入する。以降7弦ギターと5弦ベースを採用し、より幅広い表現に活用するようになる。
また同年1stシングル「虚空の灰」を、2016年には2nd マキシ・シングル「破天」をリリース。
2017年、初の海外でのライヴとなる台湾公演を敢行するが、その後とよが脱退。サポート・ギターを迎えて活動を継続。
2018年1st アルバム 「命の花」と2ndアルバム「刻の螺旋」のリレコーディング版をリリース。

2019年、バンド結成10周年の節目にBlack-listed Recordsと契約。また心がメンバーとして復帰。
10年間で培ってきた全てを集約し、ヴァラエティーに富んだ楽曲を、
ストレートかつ重厚に伝える3rdアルバム「修羅」を2019年12月20日にリリースする。


<作曲者による楽曲解説>
1. 霹靂の荊 哀愁に満ちたハイスピード・ナンバー。
  メロディアスな楽曲に泣きのツイン・リード、ツーバス等バンドを象徴するサウンドとなっている。
 テーマは“大切な物を守るための自己犠牲”。(梛歌慈)

2. 孤独の中で ミドル・テンポの8ビートに乗せた、キャッチーな歌メロ・ソング。仲間が去り、
 たった独りきりになろうとも、1つのことを続け抜く生き様を曲にしました。(鉄兵)

3. コトノハ あなたの手と言葉は、人を救うことも出来るし、傷付けることも出来る。
  使い方を間違わないで真っ直ぐに生きて欲しいという想いを込めて作った曲です。(YOSSY)

4. 光を求めて これまでにない要素を各セクションに取り入れた、挑戦的な楽曲。
  Aメロでのブラスト・ビートやサビの疾走感等、タイトル通り、自分自身を探し求め、
 光を求めて激しくもがく様を曲にしました。(鉄兵)

5. 光芒一閃 親子の死別の物語。同人音楽に影響を受けたメロディック・スピード・メタルで、コード進行、
 メロディー共に作品中で邦楽要素が特に強い1曲。(梛歌慈)

6. 双流炎舞 “破壊と蹂躙”がテーマのエクストリームな楽曲。
  ライヴでの“ヘドバン”、“折りたたみ”、“ツーステップ”を想定し、セクション毎に多彩なリズムを導入した。(梛歌慈)

7. 時雨 アコースティック・ギターのインスト・ナンバー。
 “光芒一閃”の続きにあたる親子の再会のストーリーをイメージし、ギターで歌い上げている。
  4ビートの刻みにウォーキング・ベース、アドリブ等、演奏的な“会話”を目指した。(梛歌慈)

8. 生まれ来る者たち 死や戦いといった、ダークなテーマの楽曲が多い中、生まれてくる命に対しての希望に満ちた親心を歌った、
  メッセージ性の強い曲です。未来への想いを込めて、明るく疾走感に溢れる楽曲となっています。(鉄兵)

9. 陰陽奇譚 死んだ人間を生き返らせてでも、また一緒に過ごしたいという、恐ろしい程の人に対する想いを曲にしました。
  ラウド要素を意識した楽曲で、各所に出てくるユニゾン・フレーズでモダンさを引き立てています。(鉄兵)

10. 夢現 “厳しい現実”と“居心地の良い夢”との間に立つ葛藤をテーマにした楽曲。エクストリームなサウンドにディスコ・ビート等、ヘヴィ・メタルにとらわれないアレンジが特徴。(梛歌慈)

11. 哀歌 人は温もりや幸せを求めているだけなのに、争いはなくならず、彼らは誰の為に命や心を捨て、
  戦場に向かうのか?という歌です。(YOSSY)

12. 流転の鐘 天燐流の応援歌。3連のビートに乗せたキャッチーな歌メロは、
  低めのキー設定で、ライヴでの合唱を想定しています。(鉄兵)

13. 波動 ライヴ用の煽り曲として作りました。2つのセクションのみの繰り返しで、生と死、に対する決断を表しています。
  唯一、シンセ・アレンジ無しの、アグレッシヴな歪みサウンドです。(鉄兵)

14. 輝ける者たち 人間とは1人では生きていけない。誰かの助けが必要だし、自分も誰かの助けになれる。
  そんな想いで書いた曲です。明るくも切ない旋律の疾走曲で、テクニック的にも難易度の高い楽曲となっています。(鉄兵)

※メーカー・インフォメーションより


ブラック・リステッド
BLRC-00119
2019.12.20
『修羅 ‐SHURA‐』

tenrin-shura.jpg
1. 霹靂の荊
2. 孤独の中で
3. コトノハ
4. 光を求めて
5. 光芒一閃
6. 双流炎舞
7. 時雨
8. 生まれ来る者たち
9. 陰陽奇譚
10. 夢現
11. 哀歌
12. 流転の鐘
13. 波動
14. 輝ける者たち (Bonus Track)

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する