FC2ブログ
METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
福岡出身のメロディック・スピード/パワー・メタル・バンド、ガントレット5年ぶりとなる待望の新作音源を提げ堂々復活!!
福岡出身のメロディック・スピード/パワー・メタル・バンド、

  ガントレット5年ぶりとなる待望の新作音源を提げ堂々復活!!


gauntlet2.jpg

驚くべき完成度のデビュー・アルバムでシーンに衝撃を与えた
福岡出身のメロディック・スピード/パワー・メタル・バンドが2年の充電期間を経て
5年ぶりとなる待望の新作音源を提げ堂々復活!!
これぞGAUNTLET節!というおなじみの劇的メロディーはもちろん健在ながら、
モダンなアプローチを取り入れた部分もあり、4曲入りながら高密度なサウンドの楽曲が詰まった
満足度の高い作品になっています!!
※メーカー・インフォメーションより

GAUNTLET are...
Vo: Yu-ta
G: Task
G: Aichi
B: Yoshio
Ds: Koki



スピリチュアル・ビースト
IUCP-16317
2019.12.18
『DEPARTURE FOR THE FRONTIER / ディパーチャー・フォー・ザ・フロンティア』

gauntlet-departure_for_the_frontier.jpg



1.Departure
2.Welcome To My Nightmare
3.The Calling
4.Glory Days


Biography:
九州は福岡より登場した若きメロディック・スピード/パワー・メタルの旗手、GAUNTLET。
2枚のデモと1枚の自主制作シングルで、ファンの度肝を抜いた国産メタル・シーン注目の逸材が、遂にそのヴェールを脱ぐ。
GAUNTLETの歴史は、Taskが友人のYasu
音楽活動を開始、そこにKentaとTatsuyaを加えて
前身バンドを結成した2009年に遡る。曲作りを開始するものの、本格的な活動には至らないままに1年が経過すると、
Kentaが上京することになり脱退。後任として“まぁくん”こと大竹正儀を迎えると、
2010年7月には地元にて初のライヴを敢行。この際、バンド名をGAUNTLETと定める。
ライヴ後に音楽的方向性の違いによりTatsuyaが脱退したため再び活動は停滞するが、
TakakiとPepeを迎え、バンドは5人編成で再始動。
翌2011年には、後に1st、2ndデモに収録されることになる楽曲等を無料配布しながらライヴ活動も再開する。
その後、まぁくんの個人的な事情により活動が制限されることになるものの、
彼はサポート・メンバーとして継続してバンドに参加。
2011年12月には、この編成にて1stデモ「Ability Code」をリリースする。
翌2012年に入り、Pepeが脱退するものの、後任にBLASTのTatchangを迎えると、
地元の『Heart Beat』、『Beat Station』といった会場でレギュラー・バンドとしての地位を獲得。
3月には初の主催イヴェント『Melodic Arts vol.1』をその『Heart Beat』にて開催する。
しかしながらその後、Tatchangが脱退。5月に2ndデモ「Blank Folder」を発表したものの、
ギタリスト探しに限界を感じたバンドは、ベーシストのTaskがギタリストに転向、
ベーシストにはTaskの友人のReachを迎えることで、再び体制を整える。
主催イヴェント『Melodic Arts』の数を重ねていくなかで、シンガーのまぁくんが脱退。
地元で活躍するALLEGIANCEのYu-taがサポートとして加入した(後に正式メンバーとなる)。
また、10月には『Zepp Fukuoka』にて行なわれたゴールデンボンバーFC限定ライヴにおいて、
樽美酒研二扮するナルシス研二のバックバンドを務めた。その後、Reachが脱退する。
翌2013年に入ると、正式メンバーとしてYu-taを迎えた編成にて、シングル「Arising For The Faith」をリリース。
サポート・ベーシストを迎えて引き続き地元で主催イヴェントを重ねた他、東京や大阪にも遠征を行ない、
GUNBRIDGE, MYPROOF, LIGHTNING, ANOTHER STREAM, VALTHUS, CRYING MACHINE, 地獄カルテットらと共演を果たした。
そして2014年に入り、1stシングルを含む自主制作音源の累計売上も1,300枚を超え、楽曲も揃ったと感じたバンドは、
ライヴ活動も継続して行ないつつ、デビュー・アルバム「Birthplace Of Emperor」のレコーディングを開始する。
アルバム完成後の5月には、3月からサポート・ベーシストとしてライヴに参加していたYoshioが正式加入。
再び5人による体制を整えたバンドは、実に7回目となる主催イヴェント『Melodic Arts vol.7』を開催する。
元GALNERYUS、現GUNBRIDGEのYAMA-Bや、AZRAEL, PROPHESIAで活躍するAkiraなど、
国内メロディック・メタル・シーン有数のシンガーもゲスト参加。INHALEのギタリストで、
自らのバンドの他、EARTHSHAKERからGUNBRIDGE, MinstreliX, MYPROOFにいたるまで、
国内の様々なバンドの音源を手掛けてきた橋本貴弘がミックスとマスタリングを担当したこのアルバムは、
2014年7月、SPIRITUAL BEASTよりリリースされ、瞬く間にメロディック・パワー/スピード・メタル・ファンを虜にする。
2015年には2度のワンマンライブを敢行、また初期からのメンバーであるYasu、Takakiが脱退し、

後任にAichi、Koukiが加入、現在の布陣へ至る。
摩天楼オペラ主催『鋼鉄祭』へのOpening Actとして出演や『JAPANESE ASSAULT FEST』への出演、
2016年、2017年には連続して “メタハピ!!”等の大型イベントへの出演も果たす。
新譜の製作にもとりかかるが、2017年8月よりTaskが体調不良によりライブを欠席、
バンド自体も12月のライブを最後に休止状態となり、
長い休養期間を経てようやく2019年よりTaskの体調も徐々に回復傾向をみせ、3月頃よりレコーディングを再開する。
活動再開への地下活動を着々と進め、満を持して完成した新作EP『Departure For The Frontier』を12/18にリリースする。

Websites:
Official Site

Official Facebook

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する