FC2ブログ
METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
ラウドネス 全世界戦略開始! ニューアルバム全世界同時発売決定!!
ラウドネスのニュー・アルバム『RISE TO GLORY』が来年1月26日に全世界同時発売される。

001.jpg

ニューアルバム全世界同時発売決定!!
ラウドネス 全世界戦略開始! 東洋からの雷鳴が、ふたたび世界に鳴り響く!


LOUDNESSの『RISE TO GLORY』は2018年、世界のヘヴィ・メタル・シーンを35年以上突っ走ってきた男たちが栄光に向かって立ち上がるデクラレーション(宣言)だ。

ニュー・アルバムは日本では『ワードレコーズ』海外では『earMUSIC』から2018年1月26日、全世界同時発売となる。
ディープ・パープル、アリス・クーパー、ステイタス・クオー、デフ・レパード、サンダーなどを擁する
『earMUSIC』の全面バックアップを得て、欧米、世界全土にヘヴィ・メタルの火の手が上がる。
バンド史上最大規模のワールド・ツアーも予定されており、地球上のどこに隠れようが、
LOUDNESSの脅威から逃げ切ることは出来ない。

世代を超えてリスペクトされるレジェンダリー・ギタリスト、高崎晃は『RISE TO GLORY』の音楽性についてこう説明する。
「ラウドネスのあらゆる要素を取り入れたアルバム。初期からの個性であるスピード感、スラッシュ・メタルが登場する以前から
やってきたような速い曲もあれば、メロディもしっかりある。2000年にオリジナル編成で再結成した時のへヴィネスな要素、
プログレッシヴなインストゥルメンタルもね。全部詰め込んだよ」

シンガーの二井原実にとっても、本作はLOUDNESS・サウンドの集大成といえるものだ。
「これぞLOUDNESS!という感じだね。再結成以降、アグレッシヴな路線が続いてきたけど、
 今回は歌詞やメロディをしっかり作り込んでいる。ヴォーカルに関していえば、
 『DISILLUSION 〜撃剣霊化〜』(1984)に近いかも知れない。ポジティヴな作品になった」

バンドの重低音パートを支えてきたベーシストの山下昌良もまた、新作の持つ多様性を指摘している。
「再結成からダウンチューニングの曲が多かったけど、前作からノーマルチューニングが増えてきた。
 今回は両方やっていて、凶悪なLOUDNESSからメロディアスなLOUDNESSまでが網羅されている。
 積み重ねた音の圧力、変拍子もあって、リズム的にも面白いアルバムになったよ」

バンドの新旧あらゆる武器を装備して、『RISE TO GLORY』はひとつの塊となって地球にぶつかってくるのだ。
来たるべきLOUDNESS・ルネサンスに向けて、彼らは爪を研ぎ、牙を磨いてきた。
彼らにとって世界ブレイクの突破口となった記念碑である『THUNDER IN THE EAST』(1985/全米チャート74位)、
『LIGHTNING STRIKES』(1986/全米チャート64位)の30周年アニヴァーサリー・ツアーや、
2008年に亡くなったオリジナル・ドラマー樋口宗孝に捧げるスタジオ・ライヴ映像作品『PRIME CUT / MASTERPIECE SESSIONS
~dedicated to Munetaka Higuchi』(2014)、セルフ・リメイクを含む35周年記念アルバム『SAMSARA FLIGHT~輪廻飛翔~』(2015)な
ど、彼らはファンをヘッドバンギングさせ続けた。
2017年9月には『HURRICANE EYES』30周年5CD BOXもリリースされるなど、我々はその偉大な足跡を改めてエクスペリエンスすることになる。

そして2018年、『RISE TO GLORY』はLOUDNESSが圧倒的な破壊力で世界を蹂躙し続けるメタル・モンスターズであることを証明する究極の一撃となる。1980年代以来となるアルバムとツアーの大攻勢。新たな衝撃に備えよ。
史上最大のメタル襲撃が、世界を向こうに回して蜂起する。



東方からのヘヴィ・メタルの雷鳴がふたたび鳴り響く!

ニュー・アルバム『RISE TO GLORY』を引っ提げて、LOUDNESSが栄光に向かって立ち上がるときが来た!


1981年に結成、日本を代表するヘヴィ・メタル・バンドとしてシーンを牽引する一方で世界へと進出、
『THUNDER IN THE EAST』(1985/全米チャート74位)、『LIGHTNING STRIKES』(1986/全米チャート64位)などをヒットさせ、
国境を超えた熱烈な支持を得てきた。

この度発売になる『RISE TO GLORY』は、前作『THE SUN WILL RISE AGAIN』(2014)から約4年ぶりの新作。
攻撃性とメロディ、そしてポジティヴな勢いを極めたアルバムだ。

ヴォーカリストの二井原実は本作を「一緒にスカッとする、檄を飛ばすアルバム」と形容する。
世界をロックの巨大台風に巻き込んでいく「Massive Tornado」から
ロックに魅せられた少年時代の燃えさかるパッションを歌い上げた「Soul on Fire」、
ひたすら“生き続ける"ことを謳歌する「I'm Still Alive」、極東からヘヴィ・メタルによる世界制覇を宣言する
「Rise To Glory」まで、混迷の現代における人生のサポーターズソングが並ぶ。

世界からリスペクトされるギター・ヒーロー、高崎晃の神技ギターも全編フィーチュアされている。
彼は本作でのギター・プレイについて「今世紀に入って一番弾いた。サウンドに魂が宿ったんだ」と語っており、
そのプレイは、長年彼を追ってきたギター・キッズすらも驚愕させるだろう。
各曲のギター・ソロはもちろんのこと、バンドのプログレッシヴ・サイドを表現する
インストゥルメンタル・トラックでも凄まじいフレーズを聴くことが可能だ。

「Massive Tornado」「No Limit」「Rise To Glory」と疾走感を伴うスピード・チューンが散りばめられている本作だが、
メランコリックな「Rain」、メロディアス・サイドを強調した「Until I See The Light」など、
起伏に富んだソングライティングは聴く者を壮大な旅路へといざなっていく。

“From the Far East, we came to conquer / Across the seven seas"
(“極東の地から、我々は征服におもむく/七つの海を越えて")
(「Rise To Glory」より)

世界同時発売となる『RISE TO GLORY』、そしてバンド史上最大規模となるワールド・ツアーによって、
LOUDNESSは1980年代以来となる世界への大攻勢をかける。“栄光への蜂起"が、いま始まるのだ。
【伊藤政則氏による日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

【メンバー】
高崎 晃(gt)
二井原 実(vo)
山下 昌良(ba)
鈴木 政行(ds)


GQCS-90482〜3【初回盤限定CD収録予定曲】
2018.01.26
『RISE TO GLORY』

loudness-rise_to_glory2.jpg

Disc CD
01. Soul on Fire
02. I'm Still Alive
03. Go for Broke
04. Until I See the Light
05. The Voice
06. Massive Tornado
07. Kama Sutra-Instrumental-
08. No Limits
09. Bad Loser
10. Rise to Glory
11. Rain
12. Who and For Whom *ボーナストラック
Disc DVD:〔2016年12月30日“35th Anniversary Year Special Live FAN's BEST SELECTION ~We are the LOUDNESS~"〕
01. Ghetto Machine
02. Milky Way
03. Metal Mad
04. The Sun Will Rise Again
05. Let It Go
06. Speed
07. Slaughter House
08. Ares' Lament
09. Like Hell
10. Gotta Fight
11. Loudness
12. Soldier Of Fortune
13. Dream Fantasy
14. S.D.I
15. In The Mirror
16. Crazy Nights
17. Crazy Doctor


GQCS-90484【通常盤】
2018.01.26
『RISE TO GLORY』

loudness-rise_to_glory2.jpg

01. Soul on Fire
02. I'm Still Alive
03. Go for Broke
04. Until I See the Light
05. The Voice
06. Massive Tornado
07. Kama Sutra-Instrumental-
08. No Limits
09. Bad Loser
10. Rise to Glory
11. Rain
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する