METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
待った!!待ちに待ったクロウリーのニュー・アルバムが8月にリリースされる!!!
待った!!待ちに待ったクロウリーのニュー・アルバムが8月にリリースされる!!!

crowley-nocture_release_flyer1.jpg

CROWLEYは、オカルト、ホラー、魔術、魔法使い等をコンセプトにしたメタルバンドとして、1983年に結成され、活動を開始。
1984年には、ヴォーカル:岩井高志、ギター:古久根吉紀、ベース:畔柳則之、ドラム:HIROという、いわゆる黄金期と言われた
ラインナップとなり、バンドの人気は急激に上昇した。
同年(’84)には、E.L.Lレーベルのコンピレーションアルバムに2曲、参加。
その後、1985年にはシングル盤、「SCREAM OF DEATH」、1986年にはLP盤、「WHISPER OF THE EVIL」をリリースし、
CROWLEYの人気は全国規模となり、更にヨーロッパ、北米、南米のメタル雑誌に紹介され、海外のプロモーターから
ツアーのオファーも受けるが、86年の暮れにドラムのHIROが、マネジメントとのトラブルにより脱退し、
その数ヶ月後にベースの畔柳も脱退....。
結局、バンドは海外ツアー、海外レーベルからのリリースを中止せざるを得なくなってしまった。
その後、バンドは新しいドラマーとベーシストを加入させ、活動を続けるが、その後は作品のリリースもないまま、
CROWLEYは、80年代後半に解散した。
80年代当時、CROWLEYは、派手なメイクと衣装、それにステージセット、パイロや火を使った演出などを行って
人気を得た日本で最初のメタルバンドでもあったが当時、メジャー並のレコードセールスがありながら、
メジャーのレーベルとの契約をしなかった事と、過去のレコード盤のCD再発化がされなかった事により、
CROWLEYは、ある意味、伝説化した幻のバンドとなってしまった。しかしながら、その時代以降に世に出て来て、
一世を風靡したヴィジュアル系を含む、アリーナやスタジアムクラスでコンサートを行うまでになった数々の後世代のバンド達に、
CROWLEYは絶大なる影響を与えていたのは紛れもない事実である。

crowley1s.jpg

そして.......どれだけの月日が経ったのであろうか.......。奇跡は起こった!!!
2017年8月、CROWLEYが、黄金期のメンバー3人岩井高志、古久根吉紀、HIRO)にプラス、新メンバーとして、ベースに三芳俊二を迎えて遂に再始動する。当初は、2014年秋から、2015年夏にかけて行われる予定だったMETAL ALL STARS という名の
大規模な北米ツアーに参加し、アメリカとカナダで、20本のライヴを決行する事が決定したのが再結成のキッカケだった。
それに伴い、新たに歌詞を英詞にして録音されたニューアルバムを製作したがアルバム完成後、北米ツアーの延期が発表され
結局、プロモーターが失踪するというアクシデントに遭い、ツアーはそのままキャンセルとなってしまった。
しかしながら、CROWLEYはそれで終わってしまった訳ではない。
長い眠りから覚めたCROWLEYの快進撃は、これから始まるのである。

Crowley are...
Vo:岩井 高志
G:古久根 吉紀
Ds:HIRO
B:三芳 俊二



DME-1
2017.09.06
『NOCTURNE / ノクターン』

crowley-nocture2.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】CROWLEY/NOCTURNE 【CD】
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/7/7時点)



1. Fairy Tricks
2. Floating Man
3. Ghoul
4. Await
5. Nocturne
6. Don’t Be in a hurry
7. Midnight Dream
8. Destitute Songs (Unplugged Version)
9. Evening Prayer (1985)
スポンサーサイト
コメント
信じられないです!まさかニューアルバムが聴けるとは! 当然復活ライブも計画されてるのでしょうか⁈
2017/06/21(水) 20:14:53 | URL | 岡崎のOZZY #-[ 編集 ]
ライヴは...
岡崎のOZZY 様 こんばんは、管理人のStone(ストーン)ヤンです。 メンバーの方のお話によりますと、CD発売同時ライヴは微妙なんでしょうが、ファンのみなさんが納得できるような形での復活を目指してメンバーの方々は日夜奮闘中とのことです!ので、暫く待ってみましょうかね~!(^^)! 是非ライヴは観たいですよね!! 応援しましょ! うちのサイトの応援も重ねて宜しくお願い致します。
2017/06/21(水) 21:54:08 | URL | Stoneヤン(管理人) #65fpICiI[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する