fc2ブログ
METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
ブリティッシュ・フレーバー漂うサウンドと泣きのギターが印象的な ハード・ロックを追及していた STRANGE FLAVOR。 ディスコグラフィー盤をリリース!
ブリティッシュ・フレーバー漂うサウンドと泣きのギターが印象的な

ハード・ロックを追及していたSTRANGE FLAVOR。

ディスコグラフィー盤をリリース!



strange_flavor1.jpg


ブリティッシュ・フレーバー漂うサウンドと泣きのギターが印象的な

ハード・ロックを追及していた STRANGE FLAVOR。

彼らが残した音源をコンプリートしたディスコグラフィー盤!



‘80年代後半から’90年代半ばにかけて、
大阪を拠点に活動していたハード・ロック・バンド STRANGE FLAVOR。
彼らがリリースしたデモ3本に、当時ブッキング用にレコーディングされつつも
リリースには至らなかった2曲を加えた全9曲収録のディスコグラフィー盤が登場!
バンド初のリリースとなった『First Rough Takes』(’90年)収録の2曲は、
NWOBHMを想起させるソリッドなハード・ロック・ナンバーで、粗削りながらも
メロディアスなギター・サウンドが印象的な作品。第2弾リリースとなった
『STRANGE FLAVOR』(’92年)は、バンドの方向性を決定づけたともいえる作品で、
メロディアスで骨太なハード・ロック・サウンドを披露。
WHISHBONE ASHやTHIN LIZZYを彷彿とさせる、
日本国内では稀有なスタイルを確立するに至った傑作だ。
彼ら最後のリリースとなった『Noman's Land』('93年)の2曲はライヴ・レコーディングで、
ラフなプロダクションながらも、ギターリフと楽曲の構成力が見事な作品。
また当時ブッキング用にレコーディングされた
『STRANGE FLAVOR 2』('91年)収録の2曲は、
以降の彼らのサウンド・スタイルにも通じるメロディアスなハード・ロックを展開、
楽曲の構成力が光る作品に仕上 げている。
日本では数少ないブリティッシュ・フレーバー溢れる
極上のハード・ロックを是非追体験しいただきたい。


※メーカー・インフォメーションより


B.T.H. RECORDS
BTH-76
2022.08.24
『DON'T LET ME DOWN ~ HISTORY OF STRANGE FLAVOR / ドント・レット・ミー・ダウン~ヒストリー・オブ・ストレンジ・フレーバー』

strange_flavor-dont_let_me_down_history_of_strange_flavor2.jpg




1. Underground Heroes
2. Phantom Of The Paradise
3. Holy Light
4. Blind Heart
5. Don't Let Me Down
6. Noman's Land (Live)
7. Born In The Sky (Live)
8. Ebony Wall
9. Don't Let Me Down


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する