fc2ブログ
METAL FORCE BLOG
'80ジャパメタを中心にバンド詳細情報を載せているサイト「JAPAN METAL INDIES」と連動し、リリース情報やライヴ情報などいろいろとお伝えしていくブログです。
年末のご挨拶です~
本年も沢山の方にサイトご覧頂き感謝しております。

来年も宜しくお願い致します!

皆様 良いお年をお迎えください(^_-)-☆


スポンサーサイト



人間椅子 アナログ盤シリーズ第四弾(3タイトル) リリース決定!
人間椅子 アナログ盤シリーズ第四弾(3タイトル) リリース決定!


ningenisu4.jpg


徳間コミュニケーションズ
TKJA10122【2枚組LP】
2024.04.03
『未来浪漫派』

ningenisu-mirai_romanha_lp2.jpg


[Disc 1]
1.太陽の没落
2.赤と黒
3.冥土喫茶
4.至福のロックンロール
[Disc 2]
1.秋の夜長のミステリ-
2.月下に捧ぐ舞踏曲
3.深淵

人間椅子 アナログ盤シリーズ第四弾(3タイトル) リリース決定!
2009年作品、15作目。



TKJA-10123【2枚組LP】
2024.04.03
『此岸礼讃』
ningenisu-shigan_raisan_lp2.jpg


[Disc 1]

1.光へワッショイ
2.阿呆陀羅経
3.あゝ東海よ今いずこ
[Disc 2]
1.悪魔と接吻
2.愚者の楽園
3.地獄のロックバンド
4.今昔聖

人間椅子 アナログ盤シリーズ第四弾(3タイトル) リリース決定!
2011年作品、16作目。



TKJA-10124【2枚組LP】
2024.04.03
『萬燈籠』
ningenisu-mandoro_lp2.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間椅子 ニンゲンイス / 萬燈籠 (2枚組アナログレコード) 【LP】
価格:6,200円(税込、送料別) (2023/12/28時点)



[Disc 1]

1.ねぷたのもんどりこ
2.新調きゅらきゅきゅ節
3.猫じゃ猫じゃ
4.蜘蛛の糸
5.十三世紀の花嫁
[Disc 2]
1.月のモナリザ
2.時間からの影
3.人生万歳
4.衛星になった男

人間椅子 アナログ盤シリーズ第四弾(3タイトル) リリース決定!
2013年作品、17作目。


AKANE LIVによるシンフォニック・メタル LIV MOONの最新EP!
AKANE LIVによるシンフォニック・メタル LIV MOONの最新EP!liv_moon4.jpg


既にライヴでも演奏され、大きな支持を得ている新曲2曲と、
2011年発表の2ndアルバム『GOLDEN MOON』収録の名曲
“アマラントスの翼”のリレコーディング・ヴァージョン、
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」第四楽章のカバーを収録!
前作から引き続き、MASAKI (Ba:DAIDA LAIDA, 地獄カルテット, ex.ANIMETAL他)、
KENTARO (Gt:DAIDA LAIDA,UNCHAINED, ex.Gargoyle)、
前田遊野 (Ds:仮BAND他)、
星野沙織 (Vl:soLi 他)が全面参加!



【メンバー】

AKANE LIV – All Vocals
KENTARO – Guitar
MASAKI – Bass
前田遊野 – Drums
星野沙織 – Violin


※メーカー・インフォメーションより


Walküre Records
WLKR-83
2024.03.06
『You Live In Me / ユー・リヴ・イン・ミー』

liv_moon-you_love_in_me_ep2.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LIV MOON リブムーン / You Live In Me 【CD】
価格:2,100円(税込、送料別) (2023/12/28時点)



1.Black Poison
2.You Live in Me
3.アマラントスの翼 (Re-Recording 2024 Version)
4.Dvorak: Symphony No.9 "From the New World" 4th movement

VOW WOWのクラブチッタ2days公演が2024年6月に決定!
VOW WOWのクラブチッタ2days公演が2024年6月に決定!

vow_wow-beat_of_metal_motion_40th_anniversary_live_2024_flyer1.jpg


VOW WOW

Beat of Metal Motion 発売40周年記念公演

〜新美俊宏 一周忌追悼 〜



<出演>

山本恭司、人見元基、厚見玲衣
岡本郭男 (Support Drums)、永井敏己 (Support Bass)




期 日:2024年 6月29日(土) 30(日)
時 間:OPEN 17:00 / START 18:00
会 場:CLUB CITTA' 👈 CLICK!!
料 金:前売り ¥9,800 (消費税込み)
席 種:スタンディング



※入場は整理番号順に行います。
※入場の際にドリンク代600円が別途必要となります。
※6歳以上有料、6歳未満入場不可



<問い合わせ>

チッタワークス 044-276-8841(平日12時~13時 , 15時~18時)

公演詳細・チケット情報はコチラ
 👈 CLICK!!

💛オフィシャル最速先行 <ぴあ/先着> 👈 CLICK!!
受付期間:1/13(土)正午12:00 〜 1/28(日) 23:59


💛プレイガイド先行 <ぴあ/先着> 👈 CLICK!!
受付期間:2/3(土)正午12:00 〜 2/12(月)


💛チケット一般発売 2/17(土) 10:00~
チケットぴあチケットぴあ 👈 CLICK!!


店頭直接購入: セブン‐イレブン 👈 CLICK!!


📞お問い合わせ
チッタワークス 044-276-8841 (平日12時~13時 , 15時~18時)


BATTLE OF BLOOD IN 大阪 @阿波座BIG JACK ライヴレポページ
BATTLE OF BLOOD IN 大阪 @阿波座BIG JACK ライヴレポページ

battle_of_blood_big_jack_december_3rd_2023-flyer1l.jpg


大阪 @阿波座BIG JACK "SUPERBLOOD" 編

Vo,G: RYU
G: OKA☆HIRO
B: 阿川 "Ryo" 亮一
Ds: 大内 "MAD" 貴雅



Set List

Opening S.E. ~ RUNAWAY TRAIN14
1. I SEE THE LIGHT
2. RIDE THE TIDE
3. RAISE YOUR HANDS
4. FREE BIRD JAM
5. SUPER SOUL FEVER
6. IN-OUT
7. WANDERLUST
8. ROUND AND ROUND
9. DON'T BREATH
10. guilty guilty
11. RESISTANCE
12. RESCUE ME
13. GOING SAVAGE

オープニングS.E.が終わると同時にヴォーカルのRYU氏が「大阪~、東京からWOLFの復活を祝いに来たぜ~!」と叫ぶと、
"RUNAWAY TRAIN14" で幕を開けた今回の大阪でのライヴ!
実は管理人はSUPERBLOODを観たのは初めてだったのだが、正直に言おう! むちゃくちゃカッコよかった!
ファンキーな要素とヘヴィな要素とが上手く絡み合い、ドライヴ感溢れる阿川 "Ryo" 亮一氏のベースライン、
タイトでパワフルでありながらも歌を大切にするドラミングで、バンドの持つ良さを存分に引き出す大内 "MAD" 貴雅氏、
そして時にはヘヴィ&トリッキーなプレイとメロディアスにも徹することが出来るOKA☆HIRO氏の冴えわたるギターワーク、
そしてとてつもない声量はライヴ後半まで衰え知らずであり、安定した歌の巧さと巧みなトークでオーディエンスを惹き込む
RYU氏のヴォーカル!
自然とリズムに合わせて動く身体に浴びる音シャワーがとっても心地よいのだ。
楽曲・テクニック・バンドサウンドと、どれをとっても凄いし、虜になる事間違いなしのスーパーバンドだ!
ライヴ終了後物販でCDを購入しサインを頂いた際にギターのOKA☆HIRO氏とお話しできる事が出来てその際、
「広島の福山から来た」旨伝えたら、何とOKA☆HIRO氏も「えっ、オレも広島(市)だよ!」って(^^♪ 
なんだかより近い存在に思えてきたし、こりゃ音楽性も好きだし凄くカッコいいバンドなんで応援して、
またライヴがあれば行かせて頂きたい!と、そう強く思った夜だった!!


superblood-i_see_the_light_sign2l.jpg



大阪 @阿波座BIG JACK "Legacy of WOLF feat.SATSUMA3042" 編


Vo: 松本 龍以
B: 関 勝美
Ds: 山波 孝至
Ds: 堀江 睦男

~ スペシャルゲスト ~
G: SATSUMA3042



Set List
wolf_feat_satsuma_3042-set_list1l.jpg

OPENING S.E.
1. THE SHADOW OF A SHADE
2. CATCH YOUR MIND
3. ANYPLACE
4. REALIZE
5. LOVING YOU
6. NIGHT WALKER [Instrumental]
7. LAST WORD
8. BLUE FLYER
9. RUNNING FOREVER
~ Encore ~
10. NEVER SURRENDER (on Drums Mutsuo Horie)
11. FLYING HIGHER (on Drums Mutsuo Horie)
~ SUPER SESSION with SUPERBLOOD
12. YOU REALLY GOT ME (With Vo:RYU,G:OKA☆HIRO)


当日はOPENが16:20、17時スタートとなった
"BATTLE OF BLOOD IN 大阪 @阿波座BIG JACK,December 3, 2023
Legacy of WOLF feat.SATSUMA3042×SUPERBLOOD"。


私が阿波座BIG JACKへ到着したのは、たしか16:10頃だったかと。
すると、整理番号順で既に多くの方が列をなしていた。
今夜行われるライヴへの期待度の高さと人気の高さを改めて感じざるを得なかった!

私は今回SATSUMA3042さんへチケット取り置きをお願いしたので、
(SATSUMA3042さんチケット取り置き、資料提供など本当に有難うございました~。この場をお借りして御礼申し上げます(^^♪)
順番的には後半にはなったのだが、会場入りすると後方とは言えPA前辺りを確保できたので
非常に音質がバランス良く聴こえる場所で結果オーライでした(^_-)-☆

さて、会場を見渡すと往年のジャパメタファンであろう事が分かる人達で埋め尽くされており、
熱気も雰囲気も、そして客席を埋め尽くすファンのそれぞれに抱えているであろう気持ちなど、
何もかもが入り混じり”高揚感”という言葉では言い表せない程の、なにか見えない「気」の塊が会場中を包み込んでいる。
 バンドもそうだが、ファン一人一人も当時の頃からの想いを引き継ぎ、 そしてそれぞれに歩んできた人生を今に投影し、
この時代のWOLFの姿に思いを継承している、まさにこれこそが”Legacy”だと言えるのではないだろうか!

30数年ぶりにWOLFが戻ってくる!という夢のような今回のライヴを振り返ってみたいと思う。

開場に流れる音楽が一段と大きくなりは始めると会場の照明が暗転し、続いてオープニングS.E.が流れ始める。
会場中が今まで以上の期待と興奮とに包まれていく。
S.E.が終わると同時に、山波孝至氏のお馴染みのドラムフレーズから始まる名曲 "THE SHADOW OF A SHADE"で幕を開ける。
1986年V.A.『METAL WARNING』に収録され、WOLFという名と存在を全国のメタル・キッズに知らしめた同時に、
バンドを代表する曲であり、ジャパメタというカテゴリーと歴史の中でも、
名曲と言われる中に燦然と輝く曲だと私自身、いや会場に来たファンも認める事だと思う!
さて、曲が始まると同時に松本氏と一緒に歌うオーディエンスで溢れ、
サビ部の "THE SHADOW OF A SHADE" の大合唱が会場のあちこちからはっきりと聴こえてきた。
当の松本氏の声は当時と変わってない‼️ ハイトーンもあの当時のままだと感じた。
それどころか、曲数を重ねる毎により声量に力強さが加わり、情感込めた歌に惹き込まれていく!
"CATCH YOUR MIND" はミドルテンポの楽曲であり、この曲もまたギターリフが印象的な曲である。

関氏のベース、山波氏のドラムとのコンビネーションとグルーヴが凄い!
そこへあの松本氏のあの声ですよ!
しかも松本氏の声は徐々にパワーを増していき、とてつもない破壊力をまざまざとみせつけられました!

satsuma3042氏はいままではYouTubeでしか拝見するだけだったが、初体験で感じたのは音質が抜群に良く、
当然の如くギターワークも冴え渡り、バッキングでは他のパートとの被りで埋もれる事のないイコライジングと技、
ソロでは一際弾いてる音の一粒一粒が聴こえて素晴らしかった。
氏はおそらくWOLFの'86からの活動に対する敬意を示しながらも、
未来への新たなページへと紡ぐようなギタープレイを目指しておられたのではないだろうか。
そういった想いが音に表れ、そこにオーディエンスは心震わせることが出来たし、
これがまさに "レガシー" と言えるライブだったなと!

"LOVING YOU" のギターのアルペジオとベースのメロディ弾きから始まるミドルテンポのバラードが美しい。
続く、インスト・ナンバーの"NIGHT WALKER" では印象的なメロディと
テクニカルな場面とが交差しスリリングな展開だが難なく弾きこなすsatsuma3042氏に圧倒された!

そして、1986『METAL WARNING』に"THE SHADOW OF A SHADE"と共に収録された
もう一つの代表曲ともいえる "LAST WORD" !

ステージも曲席もこの瞬間を存分に楽しもうとする気持ちが一体となり、
その熱い気持ちを持ったまま演奏されたのは、"BLUE FLYER"。
この曲で更に一体感が高まっていき、ラストのファスト・ナンバー "RUNNING FOREVER" へとなだれ込み、
印象的なソロのメロディやメンバー全員による熱いステージングで、
サビコーラス部"RUNNING FOREVER"は客席も一緒に歌い一体感もヴォルテージは最高潮に達した!

アンコールに応えてメンバーがステージに戻り、ドラムが第2期メンバーとして活動されていた堀江氏に交代。
 なんと、山波氏のセッティングのまま変えずに、"NEVER SURRENDER"、
"FLYING HIGHER" と2曲を驚異的なドラミングを披露された!

最後の最後はセッション大会ということで、ドラムは山波氏に戻り、
SUPERBLOODから RYU氏(Vo,G)と、OKA☆HIRO(G)を迎えて、"YOU REALLY GOT ME" を演奏。
二人のギタリストが繰り広げる驚異的なプレイとリズムセクションの切れの良さとボトム感、
ヴォーカル二人も負けじとオーディエンスを煽り会場は大盛り上がりの内に幕を閉じた!!

凄い宴だった!! ホテルへと戻る道中もう観る事は出来ないとどこかで思っていたWOLFのステージ!
今夜観れてよかった! この会場に居て良かった!とつぐづく思ったものだ!

残念ながら早くにソールドアウトという事でチケットが入手できず、
今回のライヴに残念ながら参加できずにいたファンの方々に朗報です。

来年どこか他所の都市で、"Legacy of WOLF" が観れるかも!?
期待に胸を膨らませ、実現できるその日が来る事を祈りましょ!
管理人もまだまだもっと観たい!と、願うその一人ですから(^_-)-☆!!

ライヴ終了後、楽屋から出てこられた所でサインいただきました(^^♪
 ライヴ終了後お疲れの所を無理を言ってして頂きました。
 皆さん快くサインをしてくださいました!
 この場をお借りして御礼申し上げます!



wolf_matsumoto_sign2l.jpg
Vocal: 松本 龍以氏のサイン。


wolf-seki_sign2l.jpg
Bass: 関 勝美氏のサイン。


wolf-yamanami_sign2l.jpg
Drums: 山波 孝至氏のサイン。


wolf-horie_sign2l.jpg
Guest Drums: 堀江 睦男氏のサイン。


MY Collection Room Page に6作品を追加掲載させて頂きました!
MY Collection Room Page に6作品を追加掲載させて頂きました!


いつもご覧いただきありがとうございます。
さて、本日6作品を追加掲載しております!!!


下記をクリックして頂くと別ページで表示されますが、
ページ右端(PCの場合)のスクロールバーで下方向にして探してみてください。
お手数をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。




シングル,EP & ミニ・アルバム編


『Chaos & Grind』
by SWARRRM


『BLOOD PROOF』
by SUPERBLOOD


『THE LOVEBITES EP / ザ・ラブバイツ』
by LOVEBITES


『GOLDEN DESTINATION / ゴールデン・デスティネイション』
by LOVEBITES


『Deal You a Fatal Blow!』
by RAGING FURY



『TIMELESS』

by RAILROAD


1. No Way / ノー・ウェイ
2. Start The Fire / スタート・ザ・ファイアー
3. Everybody Goes For Dream / エブリバディ・ゴーズ・フォー・ドリーム
4. Timeless / タイムレス
5. Black & White / ブラック・アンド・ホワイト
6. Talking 'bout Love / トーキング・アバウト・ラブ

'80sベースのメロディアス・ハード・ロック・バンドを標榜するレイルロードのミニ・アルバム。
サウンドは「ダイナミックでゴージャス」なサウンドに
「フックの効いたメロディ」を散りばめた「メロディアスハードロック」。
新しいとか古いとかでは無い、いつの時代でも良いものは良いと評価されるような、
クオリティの曲と演奏の提供を目指しているとの言葉通り、
明るめのハードなサウンドの中にキラリと光るメロディアスなラインが特徴的で、
どの楽曲もメンバー全員の確かなテクニックで自分たちの目指すべき方向性を明確に理解し、
そこへ向かう姿勢が音に顕著に表れているのだと感じる1枚だ。
既にライヴ活動の傍ら2ndアルバムへの構想にも着手しているとの事で
自作までが非常に待ち遠しいバンドだ!!



東京発パンク/ヘヴィ・メタルバンドNIGHTWINGSの2023年作デビューアルバムがThrashing Cultよりリリース!
東京発パンク/ヘヴィ・メタルバンドNIGHTWINGSの

  2023年作デビューアルバムがThrashing Cultよりリリース!


nightwings1.jpg

WITCHSLAUGHT、OUTBREAK RIOT、BRANDED EVILのメンバーによって結成された
東京発パンク/ヘヴィ・メタルバンドNIGHTWINGSの2023年作デビューアルバムがThrashing Cultよりリリース。
80'sジャパニーズ・メタルコアとモータードライヴ・メタルに深く根ざしたサウンドに、
どこか昭和ニッポン的な懐かしさを感じるメロディを加えた楽曲全9トラック収録。



TCRC-027
2023.11.25
『NIGHTWINGS / ナイトウィングス』

nightwings-nightwings2.jpg
disk union 👈 CLICK!!
1. Midnight Express
2. Nightwings
3. Abyssal Specter
4. Backnumber
5. The Guilty
6. 蝮の兄弟
7. Night Hunting Rider
8. 入間川
9. Scarface

マイケル・シェンカーのスコアと1981~1997年の活動の記録を数多の未公開写真と共に集成された書籍イン・ジャパン&モア 1981-1997!
マイケル・シェンカーのスコアと1981~1997年の活動の記録を

  数多の未公開写真と共に集成された書籍イン・ジャパン&モア 1981-1997!



バンド・スコア
『ベスト・オブ・ザ・マイケル・シェンカー・グループ[ワイド版]』


■アームド・アンド・レディ
■ヴィクティム・オブ・イリュージョン
■クライ・フォー・ザ・ネーションズ
■ビジョー・プレジュレット
■フィールズ・ライク・ア・グッド・シング
■イントゥ・ジ・アリーナ
■テイルズ・オブ・ミステリー
■ロスト・ホライズンズ
■ルッキング・アウト・フロム・ノーホエア
■ダンサー
■アソート・アタック
■デザート・ソング
■サーチング・フォー・ア・リーズン
■アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン
■レディ・トゥ・ロック
■オン・アンド・オン
■ルッキング・フォー・ラヴ
■スリーピング・ドッグス
■ロック・マイ・ナイツ・アウェイ(ライヴ・バージョン)
■キャプテン・ネモ(ライヴ・バージョン)
※ギター、ベースTAB譜付バンド・スコア

¥ 4,400 (本体 4,000+税)
発売日:2023/04/05
サイズ:菊倍判
ページ数:312ページ
ISBN:978-4-401-36677-4
JAN:4997938366772
オプション:ギター/ベースTAB譜付
HM/HR界の伝説のギタリスト、マイケル・シェンカーのMSG時代の名曲をあつめたベスト・スコア。
「アームド・アンド・レディ」「クライ・フォー・ザ・ネーションズ」を収録したアルバム
『神~帰ってきたフライング・アロウ~』全曲を含む20曲掲載。




『マイケル・シェンカー イン・ジャパン&モア 1981-1997』

発売日:2022/11/18
サイズ:A4判
ページ数:304ページ
ISBN:978-4-401-65278-5

来日記念出版!
4年振りとなる日本上陸を機に“飛翔神”が刻んできた
日出る国での1981~1997年の活動の記録を数多の未公開写真と共に集成!!

御年67を迎えてもなお、いまだHR/HMファンの間で根強い人気を誇る
“永遠のギター・ヒーロー”マイケル・シェンカー。
その4年振りとなる来日公演が、来る2022年11月に行なわれます。
それを祝して、彼が日本の地に刻んできたライヴ・ステージの記録を
多数の未発表カットを含む豊富なアーカイヴ写真と共に振り返らんとするのが本書。
1981年8月の初来日公演から、伝説のHR/HMフェス
“SUPER ROCK ’84 IN JAPAN”での熱演、
そして1997年3月のデビュー25周年ツアーまで、
フライングVを手に神懸かった旋律を迸らせてきた往時の飛翔神の勇姿がここに蘇ります!!

【CONTENTS】
introduction

198108 “MSG” Tour
The History of Michael Schenker Part-1/Set List/Live Performance in “MSG” Japan Tour

198301 “ASSAULT ATTACK” Tour
The History of Michael Schenker Part-2/Set List/Live Performance in “ASSAULT ATTACK” Japan Tour

198401 “BUILT TO DESTROY” Tour
The History of Michael Schenker Part-3/Set List/Live Performance in “BUILT TO DESTROY” Japan Tour

198408 “SUPER ROCK ’84 IN JAPAN” Tour
The History of Michael Schenker Part-4/Set List/Live Performance in “SUPER ROCK ’84 IN JAPAN” Tour

198802 “PERFECT TIMING” Tour
The History of Michael Schenker Part-5/Set List/Live Performance in “PERFECT TIMING” Japan Tour

199112 Secret Unplugged Live
The History of Michael Schenker Part-6/Set List & Live Performance in Secret Unplugged Live

199401 “FACE THE HEAT” Tour & 199406 “THE RETURN” Tour
The History of Michael Schenker Part-7/Set List/Live Performance in “FACE THE HEAT” Japan Tour/Live Performance in “THE RETURN” Tour

199703 “STORY LIVE” Tour
The History of Michael Schenker Part-8/Live Performance in “STORY LIVE” Tour

歴代来日メンバー・ファイル
メモラビリア:来日公演パンフレット、他
マイケル・シェンカー・イン・U.K. 1982
巻末付録:1997年以降のマイケル来日データ


MAKE-UPの1986年10月21日に発売されたEPの復刻盤がリリースされる!
MAKE-UPの1986年10月21日に発売されたEPの復刻盤がリリースされる!

make_up1.jpg


1986年に放送開始されたアニメ
『聖闘士星矢』の初代オープニングテーマとエンディングテーマ。
MAKE-UPが両曲とも担当している。
1986年10月21日に発売されたEPの復刻盤がリリース!



日本コロムビア
COKA-97【完全受注生産 7"レコード盤】
2024.03.20
『SAINT SEIYA PEGASUS FANTASY/BLUE FOREVER / 聖闘士星矢 ペガサス幻想/永遠ブルー』

make_up-saint_seiya_pegasus_fantasy_blue_forever_sgl2.jpg

[Side A]
1.ペガサス幻想 -PEGASUS FANTASY-
[Side B]
1.永遠ブルー -BLUE FOREVER-


MY Collection Room Page に10作品を追加掲載させて頂きました!
MY Collection Room Page に10作品を追加掲載させて頂きました!


いつもご覧いただきありがとうございます。
さて、本日10作品を追加掲載しております!!!


それといつものことですが、下記をクリックして頂くと別ページで表示されますが、
ページ右端(PCの場合)のスクロールバーで下方向にして探してみてください。
お手数をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。



アルバム編 (ア~オ)


『FINAL CRUSADES / ファイナル・クルセイド』
by ALPHOENIX


『Evil Ways / イーヴォル・ウェイズ』
by ALPHOENIX


『THE ADVENT』
by ARES


『Divine Creation』
by ARES




アルバム編 (ヤ~ )


『EUROBOUNDS remastered』
by LOUDNESS


『LOUDNESS COMPLETE BOX ~ LOUDNESS 25th Anniversary BOX~Columbia years~』
by LOUDNESS


『Aspiration / アスピレーション』
by RAMI


『DEATHLY FIGHTER ANTHOLOGY』
by R.U.G. (Randy Uchida Group)


『GOLDEN MOON【通常盤】』
by LIV MOON


『OUR STORIES / アワー・ストーリーズ【通常盤】』
by LIV MOON